• The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
TITLE:アンクルスネア

***&ref(roimg/icon_anklesnare.gif,nolink,アンクルスネア);アンクルスネア(Anklesnare) &aname(ankle); [#mad033ee]
RIGHT:&size(9){[[サイドメニュー編集>編集:ハンター/スキル/アンクルスネア]]};

''種別'' : アクティブ
''消費SP'' : 12
''取得条件'' : スキッドトラップLv1
''実用レベル'' : 5
''推奨レベル'' : 5
''設置用トラップ'' 1 ''個消費''

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|BGCOLOR(d0d8e0):~効果/レベル|BGCOLOR(E4E8F7):''1''|BGCOLOR(E4E8F7):''2''|BGCOLOR(E4E8F7):''3''|BGCOLOR(E4E8F7):''4''|BGCOLOR(E4E8F7):''5''|
|LEFT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|BGCOLOR(E4E8F7):~基本拘束時間(秒)|4|8|12|16|20|
|BGCOLOR(E4E8F7):~罠待機時間(秒)|250|200|150|100|50|
|BGCOLOR(E4E8F7):~消費SP|>|>|>|>|CENTER:12|

-罠を中心にして3×3セル内に侵入した対象のうち、1匹のみを罠のセルに吸い寄せてしばらくの間、移動とテレポートを封じます
--ボス属性のMob及びシーズモードでは吸い寄せる効果は無効で滑ってきます
-移動を禁止する時間は対象のAGIによって変化します
--''停止時間 = 基本拘束時間 - 対象のAGI*0.1秒''
--ただし''1/5にした後で停止時間3秒以下になった場合''は下記の''最低拘束時間が適用される。''
--''最低拘束時間 = 3 +(使用者BLv-20)*0.05秒''
-BOSS属性相手には無条件で5~6秒停止します。(計算式不明)
-テレポート持ちのモンスターは、アンクルが解除されたタイミングで攻撃すると、低頻度でテレポートします

---以下、小技集1(Wiki編集者→テクニックのページに入れた方がよい?)
--誰もタゲっていないMobがアンクルにかかり、アンクルが解けるとにMobの索敵範囲内にPCが入らない限り、その後mobは一生動かなくなる
ノンアクティブmobはこのまま動かず、アクティブmobは索敵範囲内にPCが入ってくるまで移動しない。
アクティブMobでもキーピング中だった場合、索敵範囲内にPCが入ってきてもまったく反応しない
(上手く利用すると生体3でフリー状態のセシルを移動させず、一定位置に固定しておく事が可能)

-GvGにおいてもばら撒いておけば足止めに使えます。
--その際はフリージングトラップやランドマイン等と併せて置くと効果的。
--但し転生パッチにて対人フィールドでは味方も自分も罠にかかるようになったので注意。

-ボス属性モンスターは&color(red){''アンクルがある位置で止まらずに移動してくる。''};
--ボス属性mobはノックバックが無効な為、アンクルの位置補正も無効化され、判定に掛かった時点での移動予定位置まで止まらずに歩いてくる。
--但し、攻撃が命中してヒットストップが発生した場合や詠唱などで自ら足を止めた場合、移動予定がキャンセルされ次の行動が再計算される為、アンクル効果時間中はその場所から動けなくなる。
--ボス・ノックバック無効:CA、ASやFW、SG、スピアスタブなどによるノックバック(強制セル移動)が効かない。リヒパッチ頃実装されました。

-あらかじめアンクルを敷設した後にアンクルの向こう、遠距離のMOBに攻撃してタゲをとりアンクルにかからせようとすると、
かかっているのに読み込みの不備で画面に表示されず、アンクルだけが拘束時間終了で次々と消えていくことがある。
この場合攻撃を受ける/当てると正常に表示されるように戻るが、特に対BOSS相手で起こるとなかなかに笑えないことになるので注意。
-アンクルにかかったmobをシフトクリックでリムーブトラップを使うと罠を回収できる。
が、その途端にmobが動き出すため全く意味はない。
効果時間を考えて、拘束が解除される直前に回収すると罠節約にはなる。
-アンクルにかかったmobにスパイラルピアースをかけると移動不可能時間が上書きされ動き始めるので注意!
-08/11/25のパッチによりアンクルの移動が不可能になりました。

当ページは、「ラグナロクオンライン」公式サイトhttp://www.ragnarokonline.jp/の画像、テキストを利用しております。