Backup of アーチャー (No. 13)


[ ノービス ]→[ アーチャー ]→[ ハンター ]→[ ノービスハイ ]→[ アーチャーハイ ]→[ スナイパー ]→[ レンジャー ]


Error: Flash Player Cannot Installed.
Error: Flash Player Cannot Installed.

狙った標的(ターゲット)は逃さない。

弓矢を手に、山野を駆け抜ける!

弓の扱いに長けた職業。

遠距離から針の穴を通すような的確な攻撃を得意とする。

命中率などを上げる様々なスキルにより、はやい成長が可能。

アーチャー Edit(GUI)

  • アーチャーは、弓による遠距離攻撃を得意とする一次職です。
  • アーチャーはJob Lv40以上でハンター、バード(男)、ダンサー(女)に転職することができます。

アーチャーハイ Edit(GUI)

  • アーチャーハイはJOBLV40以上で転職したことのある二次職の上位職に転職することができます
  • アーチャーと比べステータスポイントが52多くなりますが基本的にはアーチャーと同じ性能です

スタイル Edit(GUI)

アーチャーといっても色々なタイプがあります。

クエスト型 Edit(GUI)

  • 必要アイテム : なし
  • Mobを狩ることをせずにクエストによる経験値のみで転職まで駆け抜けるタイプ

弓型 Edit(GUI)

  • 必要アイテム : 強い弓
  • 弓のDSをメインにレベルアップしていくタイプ

エターナルアーチャー Edit(GUI)

  • 転職せずにずっとアーチャーのままでいる場合
  • かわいいアチャ男くんやアチャ子さんたちに萌えてしまった人たち向け

AGI型, 2極型 Edit(GUI)

AGI = DEX
AGI - DEX > INT

もっともポピュラーな型。
高いFleeで回避しつつ、高いAspdで手数で倒していきます。
AGIはカンストが基本。DEXはサブステだがこれも90↑でしょう。
ハンターと比べてSPが厳しい為、スキル用にINTを多少伸ばす場合も。
矢筒実装で重量問題は緩和、さらに一部属性矢の作成単価が下がったことで狩れる場所が広がっています。

INT型, DS師 Edit(GUI)

1. DEX = INT
2. DEX > INT

攻撃は最大の防御なり。
回避力そのほか一切の自己防衛を捨て、とにかく火力を重視した型。

複数の特化弓、多種の属性矢を駆使しほとんどの相手に弓での最大火力が維持できるのが売り…でした。
スキル矢消費実装が実装された現在、店売りや調達しやすい基本属性矢以外は使いにくくなり、
さらに消費分の矢を積む必要ができた為に、複数の特化弓を携帯することも重量的に困難と実用性能は大幅低下しています。
PT行動が基本であり活躍の場。ソロの場合はアンクルのあるハンタのDS師に増して狩場が狭くなります。

MSPと その違いからくるSP自然回復速度の差は、二次職との間で最も埋めにくい部分。
マグニフィカートが得られるPT環境であっても、全DSで(ほぼ)SP休憩なしで狩れるようになるのは Int90台あたりから。

PTに教授がいると、INTが無駄になりがちになるので注意

殴り型 Edit(GUI)

 AGI - STR
 AGI > LUK > STR
 AGI > STR > LUK
 AGI - LUK

弓を捨て短剣に生きる型。
DEXは 弓手ならではのJob補正の高さとパッシブスキルから対象Mobに当てられる最小限に抑えるのが一般的。
上げすぎると、すぐに弓で攻撃したほうが強くなってしまいます。

どれだけレベルが上がろうと使えるアクティブスキルは集中力向上のみと ほとんど何も無いので
アチャの殴り姿が好きなど、強さにこだわらない人向き。。

アーチャー/アーチャーハイJOB補正 Edit(GUI)

  • 最終補正値
    • STR+3 / AGI+3 / VIT+1 / INT+2 / DEX+7 / LUK+2
St\JLv2610141822263033363840424446474950
STR-+1+1+1+1+1+1+1+1+1+2+3+3+3+3+3+3+3
AGI------+1+1+2+2+2+2+2+2+2+2+3+3
VIT--------------+1+1+1+1
INT--+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+1+2+2+2
DEX+1+1+1+2+3+3+3+4+4+5+5+5+6+6+6+6+6+7
LUK-----+1+1+1+1+1+1+1+1+2+2+2+2+2
当ページは、「ラグナロクオンライン」公式サイトhttp://www.ragnarokonline.jp/の画像、テキストを利用しております。