Backup of アーチャー (No. 3)


Error: Flash Player Cannot Installed.
Error: Flash Player Cannot Installed.

アーチャーは、弓による遠距離攻撃を得意とする一次職です。
Job Lv40以上でハンター、バード/ダンサーに転職することができます。

スタイル Edit(GUI)

弓手スレではステータス構成を簡略的に表す為に型名称=スタイルというのがあります。
しかし、大抵は大まかなステータスの傾向で名付けられている為、
自分がどの型に当てはまるかは判らない方も多くいます。
そういった方々は、自分で考え、近いものを選んでください。
わざわざスレで確認する程の事でもありません。

このページで説明しているアーチャーは、Jobカンスト後も転職をしない高Lv一次職を指します。
一般的なアーチャー→転職→ハンターと目指す場合はハンターのスタイル項目?をみてください
転生実装後は、ハイアーチャーの高Lv1次職も存在します

アーチャー Edit(GUI)

Job50までは アーチャー育成?または、ダンサーバードWiki などを参考に。
ここで対象とするのは、Jobカンスト後も転職せずそのまま行こうという第3のルート(高Lv1次職)。
転生職実装後は、少数ですがハイアーチャーの高Lv1次職も存在します。
(アーチャーでオーラ→転職→jobカンスト後に転生)
高Lv1次職はネタ職の色合いが高く、高Lvまでの育成は一層強くなります。
しかしながらアチャの場合は罠はないものの高ASPDの攻撃やDS連打での瞬間火力などがあり
高Lv1次職の中では、比較的実用性のある面白みがある職だといえるでしょう。

Base 99時のパラメータ比較 (装備、支援なし、集中あり、Job50)
(シミュレータでの計算上の値です)

アーチャーハイアーチャーハンターバード/ダンサー
素Vit 1でのMHP3,0893,8614,8814,218
素Agi 9でのFlee112112115116
素Agi 99でのFlee213213216217
素Agi 99での
弓Aspd
170.90170.90175.95173.85
素Int 9でのMSP230267458688
素Int 99でのMSP4185228241,232
素Int 99での
SP回復速度(/8s)
21222630

アーチャーには罠と鷹がないので ダンサーバードWikiの狩場情報も参考になります。
また一部だが狩場情報にもアーチャーの投稿があるので探してみるといいでしょう。

AGI型, 2極型 Edit(GUI)

AGI = DEX
AGI - DEX > INT

もっともポピュラーな型。
高いFleeで回避しつつ、高いAspdで手数で倒していきます。
AGIはカンストが基本。DEXはサブステだがこれも90↑でしょう。
ハンターと比べてSPが厳しい為、スキル用にINTを多少伸ばす場合も。
矢筒実装で重量問題は緩和、さらに一部属性矢の作成単価が下がったことで狩れる場所が広がっています。

INT型, DS師 Edit(GUI)

1. DEX = INT
2. DEX > INT

攻撃は最大の防御なり。
回避力そのほか一切の自己防衛を捨て、とにかく火力を重視した型。

複数の特化弓、多種の属性矢を駆使しほとんどの相手に弓での最大火力が維持できるのが売り…でした。
スキル矢消費実装が実装された現在、店売りや調達しやすい基本属性矢以外は使いにくくなり、
さらに消費分の矢を積む必要ができた為に、複数の特化弓を携帯することも重量的に困難と実用性能は大幅低下しています。
PT行動が基本であり活躍の場。ソロの場合はアンクルのあるハンタのDS師に増して狩場が狭くなります。

MSPと その違いからくるSP自然回復速度の差は、二次職との間で最も埋めにくい部分。
マグニフィカートが得られるPT環境であっても、全DSで(ほぼ)SP休憩なしで狩れるようになるのは Int90台あたりから。

PTに教授がいると、INTが無駄になりがちになるので注意

殴り型 Edit(GUI)

 AGI - STR
 AGI > LUK > STR
 AGI > STR > LUK
 AGI - LUK

弓を捨て短剣に生きる型。
DEXは 弓手ならではのJob補正の高さとパッシブスキルから対象Mobに当てられる最小限に抑えるのが一般的。
上げすぎると、すぐに弓で攻撃したほうが強くなってしまいます。

どれだけレベルが上がろうと使えるアクティブスキルは集中力向上のみと ほとんど何も無いので
アチャの殴り姿が好きなど、強さにこだわらない人向き。。

当ページは、「ラグナロクオンライン」公式サイトhttp://www.ragnarokonline.jp/の画像、テキストを利用しております。