運営

サポートページ

patchが当てられない環境で paraedit.diffパッチが使いたい

shellが使える環境ならコマンド一発なんですけど、Webホスティングなのでshellなんて… とか、diffファイルなんて言われてもわかりません… というWiki管理者さん向け。

パッチを適用したファイルだけ抽出して固めたもの

適当な説明

  1. まずはバックアップ (重要)
  2. 上のアーカイブをダウンロードして展開 (tar.gz は、なんとかしてください)
  3. pukiwiki.ini.php の他は、多分書き換えてないと思うので上書きでいけるはず。
  4. 現在の pukiwiki.ini.phpに上書きすると、設定が吹き飛ぶので展開して出てきた方の pukiwiki.ini.phpの
    56行目と 418〜420行目
    を、現在のpukiwiki.ini.phpの そのあたり見比べて手作業で適用。
  5. 動作確認。

メモ

  • EUC版で作成しました。
  • テストはしてません。at your own risk.

こんな感じで作りました

% tar xvzpf pukiwiki-1.4.7.tar.gz
% cd pukiwiki-1.4.7
% gzcat ../paraedit20060527.diff.gz | patch
% tar czf ../pediff147.tar.gz plugin/paraedit_off.inc.php plugin/edit.inc.php (↓)
  pukiwiki.ini.php skin/tdiary.skin.php lib/html.php lib/convert_html.php

patchが当てられない環境で 指定単語を含むメッセージを制限する commentプラグインパッチが使いたい

shellが… (以下略)
PukiWikiをインストールしたまま、特に手を加えていないのが前提。

パッチを適用したファイルだけ抽出して固めたもの

適当な説明

  1. まずはバックアップ (重要)
  2. 上のアーカイブをダウンロードして展開 (tar.gz は、なんとかしてください)
  3. pukiwikiのインストールディレクトリ/plugin 内の同名のファイルに上書き
  4. ファイルのパーミッションなんかは元のファイルと同じにすること
  5. パッチ配布元の使い方をよく読んでNGワード登録ページを作成。
  6. 動作確認。

更新履歴

  • comment147_2.tar.gz - NGワードの大文字小文字を区別しない変更をした(2006/10/27)

メモ

  • EUC版で作成しました。
  • NGワード登録ページは「:config/plugin/comment」に統一してあります。
  • 弓手Wikiで使っているファイルそのままですが、at your own risk で。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-06 (木) 19:01:42 (5149d)