Wed, 04 Sep 2013 11:28:58 HADT (224d)

はじめに Edit(GUI)

  • RR化による主な変更
    • 罠スキルの全般的な弱体化。
      二次攻撃罠は分散スプラッシュ仕様になり集団殲滅にはまったく使えなくなった。
      三次罠攻撃は全般的に攻撃力減少。Fitの力押しがやりにくくなった。
      エレクトリックショッカーはAS等で移動させることが出来なくなった。
  • 弓スキルの全般的な強化
    • フィアーブリーズの発動率上昇。
    • エイムドボルトやアローストームの威力強化。
  • 狼スキルの調整
    • ウォーグストライクが強制無属性化。

弓狼型/D-A>L Edit(GUI)

[ 説明 ]
190↑の高ASPDと自動狼によるパッシブ攻撃をメインに戦う型。白羽セットとエルフの弓の実装により実用的なステに。
RR化で罠が全般的に弱体化、弓スキルが強化され、相対的に立場が上がった。

  • AGIとLUKに高ステを要求される晩成型。
  • ASPDを上げる装備が軒並み高額。
  • アローストームは広範囲高威力だが詠唱中断と数秒のディレイ有り。
    大量のmob相手に一確できないと一気にピンチに。
    ソロでモンハウを乗り切る場合は独自の立ち回りが必要。

アローストーム特化(二次罠)型/D>I-V Edit(GUI)

[ 説明 ]
RRで強化されたアローストームに特化した型。
おもにブラギがあるPTやGvで運用される。

  • アローストームはクールタイムの関係で175以上のASPDの効果薄いため、INTの詠唱短縮を利用する。
  • PT限定キャラと思われがちだがアローストーム1確狩りの適正が高いため、ソロでも十分な効率を出せる。
  • 二次罠の威力が高くなるため、二次罠による生体などのソロも可能

罠型(FiT型)/D>A>V Edit(GUI)

[ 説明 ]
R化前はファイアリングトラップ(以下Fit)をメイン火力にした型だった。
しかしRR化でFitの火力が減少&強制火属性化。DEX100前後、INT初期値、属性相性100%で2K~3Kのダメージ。
メイズトラップの地属性変化を利用して4K程度。
単発のダメージが下がったものの、2個同時に置けるようになったため瞬間火力は高い。
ハンターフライCの効果も変わらず乗る。
しかし逆に言えば2個同時(交互置き)がデフォで必要になるので操作がやや難しく、また罠消費量が非常に激しい。
HPの高くなったmobも多いため、R時のようにFitのみで押し切ろうとすると罠破産の可能性あり。
より威力の高いクラスターボムを利用した立ち回りが求められる。
場合によっては素直に素撃ちの方が良い場合も。

  • 罠はDEX、INT依存。INTはともかくDEXは弓攻撃の重要ステなので高めに。
  • Fitの力押しをする機会が減ったので、VITよりもAGI(Flee)を多少優先したほうが良いかもしれない。
  • HPの回復にハンターフライC4枚刺し武器は未だ有用だが、短剣より弓(コンポジ)のほうが使い勝手がいい。
    (素撃ちをする機会が増えたため)
  • 弓スキルに無い罠スキル独自の利点として「近距離判定」というのがある。
    このため罠攻撃はゲイン弓や地空デリの効果が乗る。
  • ハンターフライCやライド帽はFitやIBTにしかのらない。クラスターには効果が無いので注意。
  • FitのSP消費量が5に減少している。月光剣を持って2匹以上のmobをFitに巻き込めばお手軽にSP回復可能。
  • 単体攻撃用にウォーグストライクが便利。

短剣型(殴り型)/A>S>D Edit(GUI)

[ 説明 ]
弓職の頂点レンジャーでありながらあえて弓矢を捨て、短剣に全てを賭ける型。レンジャー希少種。
ステ振りは他職のAgi前衛とほぼ同じ。
アローストームフィアーブリーズを切れるためスキルポイントには余裕がある。
多彩なスキルを駆使して他職にない前衛プレイを開拓するのが魅力。

  • 短剣ダメージはSTR依存なので、STRを高めに。
  • AspdのためにAGIも高めに。
  • DEXもHitとダメ底上げのために40程度はほしい。
  • 高STRによって所持限界量が増える上、矢筒が要らないので重量に困ることはほぼない。
  • 短剣は弓よりも基本Aspdが低いが、盾が持てるのが強みといえば強み。(だが、盾を持つとAspdが更に下がってしまうので盾を持つ人は少ない)
  • 遠距離からのタゲとりや雑魚mobの処理には武器制限のないウォーグストライクが便利。
  • 短剣でも自動狼は発動するので、極めれば意外と火力は高くなる。
当ページは、「ラグナロクオンライン」公式サイトhttp://www.ragnarokonline.jp/の画像、テキストを利用しております。